院長先生のコラム

網膜症

まずは網膜症からみてみます。網膜は眼の奥の膜です。眼をカメラに例えると網膜はフィルムに当たります。この網膜は細い血管から酸素やブドウ糖を受け取っています。糖尿病では細い血管が傷み、網膜の細胞が酸素不足になります。網膜の細胞が酸素不足になると、それを補うために新しい血管(新生血管といいます)が作られますが、この血管は脆くて簡単に出血します。出血が起こると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織といいます)が作られます。増殖組織は網膜剥離の原因になります。網膜剥離は失明の原因です。網膜症は成人の失明の原因の第2位です(第1位は緑内障)。

怖い話になりましたが、「糖尿病=失明」ではありません。網膜症による失明は日本国内で年間約3000人です。糖尿病患者は1000万人以上と考えられているので、ごく一部の糖尿病患者が失明していることになります。それではどんな人に失明の危険があるのでしょうか。網膜症の進行には少なくとも年単位の時間が必要になります。そして、その間の血糖コントロールも関係します。図6は血糖コントロールと網膜症の悪化率の関係のグラフです。横軸にHbA1c、縦軸に網膜症の悪化率(%)をとっています。高血糖が続けば続くほど網膜症は早く悪化します。網膜症の進行には時間と血糖コントロールが関係します

 

図6 血糖コントロールと網膜症の悪化率の関係

06

網膜症の恐ろしいのは症状のないまま進行するところです。小さな出血や毛細血管瘤(血管にできたコブのことです)のある状態を単純網膜症といいます。単純網膜症は網膜症の最初の段階ですが、この状態では全く無症状です。単純網膜症より進行すると増殖前網膜症となりますが、この状態でも無症状の人の方が多いようです。さらに進行すると増殖網膜症になります。増殖網膜症は実は網膜剥離の一歩手前なのですが、それでも症状のない人がいます。そして、ある日突然網膜剥離が起こってしまうのです。網膜症の状態を把握するには眼底の検査しか方法はありません。無症状だから網膜症がないとはいえないのです。

網膜症の治療は内科的な治療と眼科的な治療に分けることができます。内科的な治療はとにかく地味です。血糖と血圧を良い状態に保つことです。図6を見ると、HbA1c7%未満だとほとんど網膜症は進行しないようです。それどころか単純網膜症の段階であれば、正常まで改善することもあります。眼科的治療にはレーザー光凝固や硝子体(いわゆる目玉のことです)手術がありますが、どちらも根本的な治療ではありません。レーザー光凝固は網膜症の進行を止めるものであり、並行して内科的な治療(血糖と血圧の管理)が必要になります。また硝子体手術は視力を取り戻すために行われますが、完全に回復することは期待できません。

最後にひとつだけ注意することがあります。網膜症の状態が悪いときには、急激に血糖値を下げるべきではありません。かえって網膜症が悪化することがあるからです。

 

網膜症

自覚症状がなくても進行し、ある日突然失明することもある。悪化させないためには血糖と血圧を良い状態に保つことが重要。状態が悪いときには急激に血糖値を下げてはいけない。

 

糖尿病について詳しく知ろう

当院について

ご予約の患者様優先となりますので、お電話でご予約ください。

9:00〜12:30 15:00〜19:00
休診日:第3月曜、第5月〜土曜、日曜、祝日

〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町上牧2174-2