ごあいさつ

ごあいさつ

患者さんがより適切な医療を気持ちよい環境で 受けていただけるよう努力して参ります。

糖尿病はよく生活習慣病の代表的な疾患として挙げられます。たしかに食習慣をはじめとする生活習慣の関与が強いことは否定できません。
しかし一方で、糖尿病は遺伝素因の強い方に発症する傾向があり、必ずしも食べ過ぎ、運動不足、肥満だけで発症する疾患ではありません。またひとくちに糖尿病と言ってもその病態は一様ではありません。100人の糖尿病患者さんがいれば、100通りの病態があるのです。
頑張っているのになかなか血糖コントロールが改善しない方、今の方法とは違った治療法をお探しの方、当院に一度ご相談ください。

当院では、患者さんがより適切な治療に気持ちよく向かい合える環境を作るよう努力して参ります。

img_incho02

院長経歴

  • 平成7年慶應義塾大学法学部政治学科卒業
    広告代理店勤務を経て
  • 平成10年奈良県立医科大学医学部入学
  • 平成16年奈良県立医科大学医学部卒業
  • 平成16年総合病院姫路聖マリア病院
  • 平成19年公立置賜総合病院
  • 平成21年みなみ赤塚クリニック
  • 平成25年にしやまと糖尿病内科クリニック
    開設

資格

  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内科学会認定内科医

img_inccho

糖尿病患者さんの『元気で長生き』を応援します

tt_ouen01

糖尿病はその発症要因に遺伝素因も強く関係する疾患です。両親や祖父母などの血縁の親族に糖尿病の方がいると、特に注意が必要になります。また一般的にアジア人はインスリン(血糖値を下げるホルモン)を分泌する能力が低く、このことも糖尿病発症の原因と考えられています。
血糖コントロールの悪い状態が続くと、網膜症や腎症といった合併症が進行します。糖尿病の合併症は生活の質に大きく影響します。網膜症は失明、腎症は腎死(腎臓の機能がなくなること)の原因となります。ただし糖尿病の合併症は、血糖や血圧を適切にコントロールすることで進行を防ぐことができるので、過度に恐れることはありません。

tt_ouen02

糖尿病の方にとって、「何を、どうして、どのようにするか?」は大変重要です。ただ単に、食事療法をしなさい、運動をしなさい、体重を減らしなさいという漠然とした指示では、残念ながら十分な成果は期待できません。
当院では患者さんの生活に潜んでいる問題を明確にし、少しずつでも改善に向けて取り組むことをサポートするべく、患者さん一人ひとりに具体的な生活習慣をお聞きし、具体的なアドバイスをするよう心がけています。

img_room

糖尿病について詳しく知ろう

当院について

ご予約の患者様優先となりますので、お電話でご予約ください。

9:00〜12:30 15:00〜19:00
休診日:第3月曜、第5月〜土曜、日曜、祝日

〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町上牧2174-2