院長先生のコラム

その他の特定の原因による糖尿病

次はその他の特定の原因によるものです。まずは遺伝子に原因があるものを考えます。

前述のように2型糖尿病にも遺伝的な要素があるのですが、このカテゴリーに含まれる糖尿病は明らかに原因となる遺伝子が分かっています。若年発症成人型糖尿病(MODYともいいます)やミトコンドリア糖尿病がその代表例です。

若年発症成人型糖尿病は文字通り若年(~20代)で発症します。遺伝形式(遺伝の方法)としては常染色体優性遺伝です。両親のどちらかがこの病気の原因遺伝子を持っていれば、子は50%の確率でこの遺伝子を持っていることになります(普通のケース)。この遺伝子(実際は複数の遺伝子があります)を持っていると20代までに糖尿病を発症するので、家族に多くの糖尿病がみられることになります(図 参照)。

ミトコンドリア糖尿病も比較的若年で発症する糖尿病です。難聴を合併することが多いようです。ミトコンドリア糖尿病は母系遺伝という特殊な遺伝をします。女性とその子(1代に限り性別は関係ありません)に発症します(図 参照)。遺伝形式と症状が特徴的なので疑うことは難しくありません。

若年発症成人型糖尿病もミトコンドリア糖尿病も若年発症が特徴的なので、インスリンによる治療を選択することが多いようです。

図3 若年発症成人型糖尿病の遺伝と発症

図3

 

図4 ミトコンドリア糖尿病の遺伝と発症

図4

 

他の疾患や条件によるものには様々なものが含まれています。膵臓の病気(膵炎、膵癌など)、内分泌の病気(クッシング症候群、先端巨大症、褐色細胞腫など)、肝臓の病気(肝硬変、肝癌など)は糖尿病の原因になります。ステロイドのような薬剤によっても糖尿病を発症することもあります。このように糖尿病の原因は様々なので、既往歴(人生における病気の歴史)や症状は重要な情報になります。

糖尿病について詳しく知ろう

当院について

ご予約の患者様優先となりますので、お電話でご予約ください。

9:00〜12:30 15:00〜19:00
休診日:第3月曜、第5月〜土曜、日曜、祝日

〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町上牧2174-2