インスリン療法について

インスリン療法とは

インスリン療法の基本は、健常人にみられる 血中インスリンの変動パターンを再現すること。

膵臓からのインスリンが分泌されていない場合(1型糖尿病など)、食事療法、運動療法、内服薬を併用しても血糖値が十分に改善しない場合、重篤な高血糖状態の場合に行うのがインスリン療法です。
インスリン療法は、足りないインスリンを皮下注射で補う治療法です。健常人のインスリン分泌は、24時間いつでも分泌されている基礎分泌と、食事による血糖値上昇を抑える追加分泌からなっています。インスリン療法の基本は、いろいろな種類のインスリンを駆使し、健常人のインスリン変動パターンを再現することにあります。
インスリン療法といえば、「痛い」、「面倒」などのイメージをお持ちの方もいると思いますが、これらは過去の話です。注射針が細くなったことにより、痛みの訴えは格段に減っています。またペン型器具の開発により、注射液をバイアル(小さなビン)から吸うような面倒もなくなりました。技術の進歩によって、インスリンは「痛くない」、「面倒もない」治療法に変わったのです。

インスリン療法とは

早期のインスリン療法が推奨されています

tt_suishin

以前はインスリン療法は糖尿病治療の最終手段と考えられていましたが、現在は早期のインスリン導入が推奨されています。
早期からインスリンを用いることにより、膵臓からのインスリンを分泌する能力が温存されます。このことによって長期間にわたって良好な血糖コントロールが得られるため、合併症の進行も抑えられると考えられています。
糖尿病が長期になり、膵臓からのインスリンを分泌する能力が著しく低下してしまうと、外部からインスリンを補充しても血糖値の変化が激しくなり、合併症の進行を食い止めることができません。また血糖値の変動が激しくなることにより、低血糖が頻発します。低血糖は放置すると生命にかかわる問題になります。
つまり、インスリン分泌能力が著しく低下し、ジリ貧になってからインスリンを導入するより、早期にインスリンを補充した方が合併症の進行を抑えることもでき、将来の低血糖を減らすこともできるのです。
インスリンの導入は、入院して導入する方法と、外来で導入する方法があります。当院では外来でのインスリン導入をお勧めしています。

当院は外来でのインスリン療法に対応しています

仕事や家事にお忙しい方へ。

以前はインスリン導入は入院でというのが半ば常識でしたが、その後新しいインスリン製剤の開発や、より簡便な注入器の実用化により、外来におけるインスリン自己注射の導入が多くの患者さんに受け入れられるようになってきました。
インスリン治療が必要と判断された方で、特に仕事や家事にお忙しい方の場合には、入院よりも外来でのインスリン導入の方がより受け入れやすいのではないかと思われます。外来でのインスリン導入は、日常生活を続けながら治療ができるという大きな利点があります。
当院では患者さんの理解度に合わせて丁寧にインスリン注射の方法を説明いたします。ほとんどの患者さんは外来でのインスリン導入が可能です。ご安心ください。またインスリン療法の意義や目的についても、分かりやすく説明させていただきます。

外来でのインスリン療法

糖尿病について詳しく知ろう

当院について

ご予約の患者様優先となりますので、お電話でご予約ください。

9:00〜12:30 15:00〜19:00
休診日:第3月曜、第5月〜土曜、日曜、祝日

〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町上牧2174-2